2019 February

#119

どんぐりの背比べ。

#118

物事をなるべく色眼鏡で見ないことにしている。

#117

私のことを知ってほしい、わかってほしいという人間の本能的な欲求は、芸術、労働、無償の奉仕、或いは愛の言葉といったかたちにかえて、出会うべき誰かとつながりあおうとする。

#116

相手を見失わないために、自分を見失ってはダメよね。大人なんだから。

#115

出会った言葉、発した言葉は、その人それぞれの世界の見え方。美しい言葉で埋めつくしたら、世界はずっと素敵に思えるのかもしれない。

#113

朝から雨。昼前に太陽が差し込んできて、思わずうれしくなった。